電験3種の通信講座は、それなりの出費になることもあり、合格するために通信講座が本当に必要なのか、どんなものが必要か適切な判断が必要です。私もあなたと同じで、受験当時はかなり迷いました。
そこで、電験3種を合格した私、たまきが「確実に電験3種に合格するための受講判断チャート」を作成しました。

結局いろんなことを言って、受験者全員にとって通信講座が必要という結論に誘導する業者サイトとは全く違うので安心してください。

1.そもそも通信講座が必要か?

まず電験3種を取得した私の経験上、通信講座は受講したほうが良いです。ただ、中には通信講座がなくても合格できるレベルの方もいます。必要でない人に、必要だと煽って買うのはお金の無駄です。私の経験と、周囲の合格者の意見から考えると、電験3種の通信講座が必要ではない人は

  • 最新年度の理論科目で70点以上取れる
  • 電気を専門に学ぶ短大、大学卒業二年以内
  • 数学が得意である


という方です。

1つ目の70点以上という基準についてです。これは、「理論」科目が電験3種の基礎だからです。少なくともそれだけ現状で点数を取れるということであれば、独学でも大丈夫です。今からあなたが数ヶ月、本気になって勉強してください。少なくとも全科目合格できる水準は自力で到達できます。

合格水準に当たる60点ではないのは、実力で60点しか取れない場合は基礎がおろそかになっていると考えられるからです。基礎がしっかりしていれば、実力でも75点以上が取れます。

2つ目の卒業してから二年という基準についてです。職場では電験を受験した人が沢山いるのですが、良い学歴のある方が、電験3種に落ちてしまうという例を何度も見ました。残念ながら、不合格となってしまう方は、電気系の大学を出ているからと電気数学の学習をおろそかにしたり、勉強時間をあまり確保しないといった油断から落ちています。

ただ、逆に言えば卒業して二年以内程度であれば、勉強をしていたときの感覚も残っていますし、知識もそこまで抜け落ちていることもないはずです。学生時代にしっかり勉強していて、基礎が身についているのであれば、独学でも問題なく合格できます。

3つ目の数学が得意という基準についてです。数学が得意というのは、高校二年までの範囲の数学が完璧に解けるというレベルの事を言います。電験3種は計算力が合格の鍵をにぎると言われるほどの試験です。つまり、数学が完璧なら独学でもなんとか合格水準まで達することができるということになります。

実際、電験を受験した人の中で、殆ど電気のことを良くわからない、あるいは理解できてなかったが合格してしまったという人は、数学が得意であるという傾向があります。もちろん、電験3種は電気設備を管理するので、責任がとても大きく、理解がおぼろげでは絶対ダメです。ですが、独学で合格するかしないかという話に限って言えば、上記にあげた水準で、数学が得意であればなんとか合格できるだろうということです。

また、上記の条件に当てはまらなくても、確実に合格したい、勉強方法に不安を抱えたくない、という方は受講する必要があります。

2.どんな点で選ぶ必要があるのか知る

サポートの充実度は通信講座を選ぶ上で最も大事なポイントと言えます。

電験3種において、何を基準に選べば良いか?これは悩みどころです。お金が沢山必要なものもあれば、手軽な値段の講座も存在します。質問がたくさんできる講座もあれば、インターネットで学習できる講座もあります。

たくさんありすぎて迷う事が多いです。私でもそうでした。何を選べばいいのかさっぱりわからない。ただ、一つだけ自分の中で、お金を出す以上は後悔したくないということを意識していました。

そして重要視すべきはサポート体制だという結論に達しました。

なぜなら、サポート体制こそが通信講座が参考書のみの独学と大きく違う特長であり、合格のためにはサポートが絶対に必要だからです。
どんなに安くてもそれ相応の価値がなければ買う意味はありません。

わざわざ参考書より高額な通信講座を買うからには良いものを買いましょう。電験3種は一度取得してしまえば一生通用する資格です。
できるだけ安く済ませようと、悪いものを買うよりも、良いものを使って合格まで安心して勉強することのほうが何倍も大事です。

3.どの通信講座が必要か?

中にはおすすめできない通信講座もあります。
本当にあなたに親身になってくれるサイトがどれだけあるでしょうか?

「とりあえず有名な講座を勧めておけば問題ないだろう。」
「とりあえず安いものを勧めておけば安心だろう。」

そんな適当な感覚で紹介しているサイトが多くあります。

あなたの貴重な時間とお金を無駄にしてしまわないために、駄目なものは駄目とはっきり言いたいと思います。電験3種の通信講座と一言で言っても、非常に沢山の教材が溢れています。

「どれを選べば自分にとってベストなの?」
「お金も時間も限られているし、教材選びで失敗したくない!」

そのような悩みはつきません。

しかし、安心して下さい。電験3種保持者の「たまき」がどの講座を選べばよいかはっきりと申し上げます。

その1.「通信講座自体が不安」なあなたは長期返金保証を行っている講座を選ぶ

通信講座はサポート体制が重要であるという旨は上に書きましたが、まず重要なサポートとしてあげられるのは返金保証です。あなたの貴重なお金を出すわけですから、納得して使用したいはずです。しかし、通信講座を利用したことがない人は、通信講座が本当に有用かどうか不安ですよね。その不安を解消するためにはリスクなく試せることが大事です。

通信講座を利用したことのない場合、本当に通信講座が合格に必要なものであるか、実際に使用してみないことには納得できないということもあるかと思います。そんなとき、返金サポートの重要性が増します。

以下に紹介する講座は、使用感や実際の学習で活用できるかなどを十分すぎる日数で判断して、納得した上で受講継続を判断できます。

通信講座としては最も返金期間が長いです。さらに、業界最薄テキストのため最短合格には一番適しています。

返金サポート以外にも、最大30回の無料質問サポート、翌年質問回数リセット、商品の破損の無償交換等の独自3大サポートを行ってる講座です。

その2.「分からないを早く解決したい」あなたは質問サポートが充実している講座を選ぶ

次に重要なポイントは質問サポートがしっかりしているものを選ぶべきということです。というのも、電験3種合格では、分かったつもりになるのが一番怖いからです。

過去問などを解いていくとわかりますが、電験は選択肢問題とはいえ、曖昧な理解で解けるような簡単な問題は出題されません。深い理解を問われる問題ばかりなのです。よって、理解をしっかりしなければいけません。

しかし、独学だと、ある程度分かっているものについては理解したと判断して曖昧なまま放置してしまう危険があります。実際、私も例の講座を利用しなければ、曖昧なままで終わらせていた問題もあります。

だから、出来る限り通信講座では質問サポートが充実している講座が望ましいです。

また、通信講座を利用すれば、一発合格も不可能ではないですが、中には不幸にも不合格となってしまう方もいます。

そういった方にも必ず合格できるように、二年目もサポートを行ってくれるか?
このポイントをチェックしてみましょう。

まず科目合格をしたものの、また三年経ち、合格した科目が消える…というループを経験した人も多いのではないでしょうか?それを防ぐために、二年目もしっかりサポートしてくれるかどうかは重要なポイントです。

もっとも質問サポートが充実しているのは以下の講座になります。

その3.「一年間じっくり取り組みたい」あなたは補足教材が充実している講座を選ぶ

短期合格には正直向きませんが、一年間じっくり取り組んで実力を伸ばしていきたい人もいるでしょう。そんな方には、価格以上の充実した教材が揃っているオールインワン講座を選びましょう。

「あなた」のために作られた学習スケジュールに沿って、勉強を行っていきます。試験日まで一切迷うことなく、合格まで一直線に進みます。

付け焼き刃の勉強ではなく、合格後を見据えた実力をつけていきます。少しずつ前へ進みながら、合格をたぐり寄せることが可能です。

質問サポートはもちろん充実しているおり、本編4科目のテキストだけではなく、補足教材も充実している講座です。