こんにちは、たまきです。少し前、SATの受講者インタビューを文字起こししました。ただ、販売者側(SAT株式会社)が出した動画なので、少しリアリティーに欠けるかな?と思いました。この前の記事は講師との対談動画ですが、今回は相互の意見交換を意識しました。

SAT公式による合格者の対談インタビューはこちら

会社の中でも結構電験三種を受けている人はいます。通信講座を利用した先輩がおられるので、ご飯をおごることを条件に意見交換的なことをしてきました。

いつもみたいな感じで話すようにお互い決めてたので、割と自由に話せたと思います。

また、ボイスレコーダーに録音していたので、聞こえなかった部分については省いています。

電験3種受験前の通信講座の印象について

たまき:最初は通信講座についてなんですけど…印象というか。どう思ってました?

先輩:ああ、俺は必要な投資と思ってたね。

たまき:珍しいですね。普通抵抗ないですか?自分は結構無駄だって、最初思ってましたよ。テキスト2000円ぐらいで買えるのに、何万も出す必要ある?みたいな。

先輩:そうか。俺も最初は思ったけど。

たまき:ええ。めっちゃ金無駄になるって思いました。

先輩:でも、人間やっぱりお金出すのが一番本気になるって思ったからね。お前はよく買ったね?

たまき:2回落ちましたからね。それも全科目30点ぐらい笑さすがに心折れました笑

先輩:でも、普通諦めるんじゃない?俺やったらそのぐらい落ちてたら諦めるわ。

たまき:いや、逆に自分の場合は何回も落ちたから、今辞めたら努力無駄になるなって思いました。

先輩:確かに。

たまき:だから、ぶっちゃけ、3回目は通信講座以外の選択肢なかったですね。何日間か、学校に通うことも考えたけど、近くにないし、仕事終わって行くのダルいし。

先輩:それ分かるわ。仕事でめっちゃ疲れてんのに、学校に行くために移動するとか面倒くさい。

たまき:自分も同じ意見で。だからまあ通信講座やったら家でマイペースにできるし、残業が多くても関係なく勉強はできますしね。

電験受験を会社に報告した件

たまき:で、先輩は電験三種受けるって会社には言ったんですか?

先輩:言うわけ無い(笑)万が一落ちたら会社に悪印象やし笑

たまき:そうですよね。自分は会社に言っちゃって。

先輩:えー、言ったんか?

たまき:はい笑

先輩:そりゃ、プレッシャーやったんじゃない?

たまき:かなりプレッシャーでしたよ。9月なったら上司から「お前そういえば電験三種取ったんか?」って毎回ですよ。

先輩:ああ、やっぱり聞かれるよな。言わんでよかった。なんで言ったんよ?

たまき:言ったほうがプレッシャーなって逆に勉強するかなって。

先輩:なるほどね。

たまき:実際は、特に関係なかったですね。プレッシャーを掛けても勉強しないものは勉強しない笑

先輩:でも、受かったってことは勉強したんやろ?

たまき:まあ、流石に最後の2年間は本気で勉強しました。

先輩:受かってよかったな。

たまき:はい、良かったです。ほんとに。

SATの「パーフェクト講座」について

たまき:次はSATの講座の印象についてなんですけど。なんで先輩はSATだったんです?

先輩:ああ、やっぱいちばん有名なのがいいかなって。あとお前がSATいいって言ったから。

たまき:それだけですか?もっと調べますよね、普通。

先輩:うん、ちょっと調べたけど、調べれば調べるほど分からんくなって。

たまき:あーなるほど。

先輩:迷ったら、一番有名なの選べばとりあえず失敗せんやろって。そんでお前も勧めてたしって。結果的には良かったわ。合格したわけだし。

たまき:おめでとうございます笑

先輩:ありがとうございます笑

電験3種受験を会社に言うかどうか?

先輩:っていうかお前も受かったやろ?

たまき:はい。でも先輩は2年で受かってるんですよね。羨ましいです。

先輩:いや、2年も4年も合格って結果は変わらん。

たまき:いや、変わりますよ。全然。

先輩:そうなんか?

たまき:ええ。自分の場合、同じ年度に受けた人いたんですけど、一発合格らしくて。

先輩:ああ、そうやったね。

たまき:こっちとしては、難しい資格に受かったんだから、もうちょっとチヤホヤされたいって思ってたんですけど。一発合格した方が目立ちますね。

先輩:そうやね。

たまき:受かったものの、そういう扱いの差みたいなものを感じて。やっぱり一発合格するに越したこと無いなって思いました。

先輩:うん。そうやね。

たまき:でも4年掛かりましたけど、上司には褒められました。

先輩:ほー。なんて。

たまき:いや、普通に合格してすごいなって。

先輩:俺も同じような言われ方やったな。変わらんやん。

たまき:いや、だから表面はそうだけどって話じゃないですか。

先輩:ま、一発合格のが良い扱い受けるのは当然やとは思うけど。

たまき:ですよ。なんで、個人的には会社に「電験三種受けます」って宣言するのはやめたほうがいいと思います。落ちたときのリスクがでかいって思います。

先輩:確かに。

電気を勉強してきた場合とそうでない場合について

先輩:次はなんの話するん?

たまき:ちょっと待ってください。…えっと、電気を勉強してきた人とそうでない人との違いみたいな。

先輩:ああ、お前電気勉強してきたんだっけ。学校も電気科やろ?

たまき:はい。高校は電気科で、ポリテク(職能大の総称)でも電気学んでました。

先輩:なのに3回も落ちたの?

たまき:はい、落ちました。恥ずかしながら。

先輩:そうかあ。それはなんか、辛いな。

たまき:はい。「電気学んで来たのに落ちる?」って上司にも思われてるんだろうなって。先輩は電気と関係ないとこですよね?

先輩:そうやね。機械専攻やったね。

たまき:それすごくないですか。自分からすると、機械の難しい資格とか受かる気しないです。

先輩:すごいやろ?

たまき:はい。すごいです。…本題行きましょう。で、電気を勉強してきた自分としては、やっぱり落ちた原因として、電気を勉強してきたっておごりがあったと思うんですよ。

先輩:あーなるほどね。電気勉強してきたから電験余裕やろ、みたいな。

たまき:いや、余裕とかじゃないですけど、流石にもう少しやれるって気はしてました。実際はそんなことなかったですね、はい。

先輩:やっぱり電験って難しいよな。自分でもよく受かったと思うわ。

たまき:ですよね。私も同意見です。なんで、電気を勉強してきたとしても、電験3種は格の違う資格なんだって認識しといたほうが良さそうですね。

先輩:なるほどねえ。

SATに決めた理由について

たまき:先輩は、電験3種を良く受けようと思いましたね。機械系出身?だったのに。

先輩:うん、まあ俺は上司に言われてやな。

たまき:ありがちですね。

先輩:そうやな。で、上司に言われたあと、とりあえず電験三種の本見てみたんやけど、ちんぷんかんぷんやったんよ。で、電気工事士の方が簡単って聞いたから電気工事士の参考書も本屋で見て。でもやっぱり意味不明だったな。

たまき:はい。

先輩:それで、やっぱり通信講座とか使ったほうがいいんかなって。

たまき:なるほど。

先輩:あとお前さ、どこの講座がいいって。なんでそんときSATがいいって言ったん?

たまき:いや、だってやっぱり間違いのない奴を勧めるでしょ。人間心理的に。「お前のせいで落ちた!!」とか言われたら嫌ですし。

先輩:そうやな。お前のせいって言ってたわ笑

たまき:やっぱり笑だから、SATって言ったんですよ。

先輩:ぶっちゃけお前が受けてたやつ言われたらそれ受けてたわ。

たまき:そうなんですか?

先輩:うん。だって電気の勉強してきたやつの意見って参考になるやろ。

たまき:そうでもないと思いますけどね。翔泳社はどちらかというと、課題が自分でわかってる人向けと思いますね。自分は分からない部分を無くしたくて。そしたら合格するって自分で課題が分かってたので。自分と同じように課題がしっかりわかってる人は翔泳社アカデミーで。

先輩:なるほどねえ。

たまき:とりあえず通信講座を受けたいけど、どれが良いか分からないって人にはSATを勧めてますよ。まず返品制度あるし、売って終わりじゃない所が良い。

先輩:そうやな。それはいいな。

たまき:で、話戻すんですけど。電気専攻じゃないから通信講座を受けようと思った感じですか?

先輩:まあ、そうやね。お前が電験に落ちたって聞いたら、俺はもっと落ちるなって思ったんよ。だから独学とか無理やろって思って。そんで通信講座を考えてるときに、お前に聞いた流れ。

たまき:なるほど。なんか、SATのインタビューと同じ感じですね。なんかもっと違うことないですか?せっかくリアルに先輩に話聞いてるんですからなんか違う話聞きたいです。

先輩:実際言った通りやから無理笑

たまき:そうですか笑

SATのデメリットとは?

たまき:あ、すみません。あの、あえて聞きたいんですけど、SATのデメリット的なものが聞きたいんですけど。

先輩:ん、いいのか?だってこれSATのインタビュー的な感じで出すんやろ?

たまき:はい。でも、あえてお願いします。自分、サイトやってるんですけど、他のサイト見ても、やっぱり良いことだけ書いてるなって。そんで、このサイトをやろうかなって思った面もあるんで。そういうの、知りたいはずなんすよね。いろいろSAT良いってばっかり書くけど、ホントは悪いことあるんじゃねえのか?みたいな。

先輩:たしかにな。いいな、そういうの。

たまき:でしょ。多分知りたいと思いますよ。

先輩:ん、じゃあ、テキストのことで言うわ。まず、書き込むスペース少なすぎ。

たまき:えー、結構ある方じゃないですか?だって、テキスト本編にメモ欄あるでしょ?

先輩:そうやけど、やっぱ俺はテキストに書き込む派だから。ちょっと分からないとこを、講義とか聞いててメモったらすぐ埋まるんよ。で、最終的にメモでぐちゃぐちゃになった。

たまき:いいことじゃないですか。

先輩:そうなんやけど。ただ、メモ欄せっかくあるんやったら、もっと書き込めるスペース増やしてほしいな。書いてて、書き込むとこもう無いじゃん!みたいなことよくあったわ。

たまき:まあ、そこまで書き込むこと多分想定してないですからね。

先輩:そうやな。ただ、デメリットって言ったらそれがあるな。あと、教材が少なかったっていうのがあるな。あくまで印象の話やけど。

たまき:確かに教材はシンプルって感じですよね。

先輩:最初違う会社の講座見てみたんやけど、そこは教材がとにかく一杯ついてて。で、SATの見て感じたのは、値段の割には、こんだけしかテキストないんか?って。

たまき:ああー、なるほど。

先輩だからお金をたくさん払ったから、沢山テキストがついてなきゃ駄目って奴はSATの講座は向いてないと思う。

SATならではの良さとは?

たまき:SATならではの体験談というか良さ的なことも知りたいですね。

先輩:ああ、返品制度がいいね。

たまき:それなんですけど、さっきも言いましたけど、折角インタビューなんで違うこと、お願いします。

先輩:注文多くない?

たまき:すみません、でも良い記事書きたいんで、お願いします。

先輩:はいはい。えーっと、じゃああれか。テキスト関連で。

たまき:そっち方向でお願いします。

先輩:テキストがカラーで良かった。

たまき:それも書きました。

先輩:えー書いてたんか。でもそれ良くない?

たまき:いいですけど、そういう他のサイトも書いてることじゃなくて、なるべく他のサイトで書いてないことが聞きたいです。

先輩:あーね。じゃあ、これは俺やってたんやけど、テキストを会社に持ち込むのが便利やったね。

たまき:そういうの、もっとお願いします。

先輩:えっと、普通の電験3種のテキストって分厚いやん。すごく。

たまき:はい。分かります。

先輩:で、会社の休憩時間とかにも確認したいんやけど、持ち込むと目立つやん?

たまき:確かに。目立ちますね。

先輩:で、なんか俺の場合、電験三種勉強してますよーみたいなアピールが嫌やったんよ。こっそり隠れて勉強してて、でも休憩時間には勉強したくて。

たまき:あーなるほど。

先輩:そんで、勉強するためにポケットサイズの奴探してたんやけど、良いのがない笑しっくり来るのが。

たまき:そうだったんですか。それで会社に持ち込んだんですか?テキストを?

先輩:そう。それに、ポケットサイズの奴と、SATのテキストと(2つに)書き込みするのは効率悪いような気がしたんよ。書き込んだテキストを持ち込んだほうが無駄がなくて良かった。パット見、分からんやろ?電験三種のこと勉強してるって。

たまき:確かに分かんないすね。…いや、分かりますよ!タイトルに電験三種って書いてありますもん。

先輩:そうやけど、分厚いの勉強してるよりガリ勉感ないやろ?

たまき:ガリ勉感笑…確かにないですね。ちょっとなんかの講習会のテキスト見てるんかな、みたいな感じですね。

先輩:そうやろ。それがいいんよ。休憩室で一人だけめっちゃ辞書みたいなテキスト見てるのは抵抗あるやん。でも、SATのは薄いから心理的にあんま抵抗ないなって。

たまき:その発想はなかったですね。薄いと、休憩時間とかに周りの目を気にせず勉強しやすいっていうことですね。

先輩:そうやね。お前はあんまりそういうの気にしないタイプ?

たまき:そうですね。あんまり気にならないですね。

先輩:そうかあ。

受験後の通信講座の印象について

たまき:受験後通信講座についての印象ってどう変わりましたかね?

先輩:俺は別に変化はないよ。最初から必要だって思ってたし。勉強にお金出すのに抵抗がない。

たまき:すごいですね。さっきも言いましたけど、自分は最初、通信講座は無いって思ってましたから。

先輩:ふーん。で、印象が変わった感じ?

たまき:そうですね。最初は高いって思いましたけど、やっぱり通信講座を使ううちに良さが分かってきて。自分の場合、こういうサイト立ち上げるまでに良さを感じるようになりました笑

先輩:そうか笑

合格してみての電験3種の印象について

たまき:改めて、電験3種の印象をちょっと先輩に聞いてみたいです。

先輩:一番記憶に残ってるのは、機械(科目)いうほど難しいと感じなかったことかね。

たまき:そうですか?珍しいパターンですね。

先輩:そう?

たまき:はい、自分も含めて大体受けた人は機械難しいって言うじゃないですか。機械専攻だからですか?

先輩:いや、全然関係ない。電気と機械じゃ扱うものが別物やし。あと、俺が受けた年度はあんまり難しくなかったみたい。

たまき:2017年度ですよね。合格率あとで見てみます。

※2017年年度は機械科目合格率11.6%で結構合格率は低いです。
(参考:翔泳社アカデミー「受験者数・合格率データ」

機械が難しくなかったっていうのはなんでですか?

先輩:記憶するのが苦手だから。機械は最初は確かにとっつきにくいけど、言ってみれば理論科目の応用やなって。だから、「なんでそうなるんかな?」って理屈を考えて問題といたら納得できるのが多かったんよ。逆に法規とか電力はなんでこの数字になるのか?って理解できないのが多い。

たまき:まあ、そうですね。法規って、理屈で納得できる項目もありますけど、数値によってはほんとに覚えるだけって感じですからね。
電気事故の報告日数とか、あれはもう「そう決まってるからそうだ」って感じで覚えるしか無いですね。

先輩:法規とかの方が苦手やな。法律とか全く興味沸かんし。お前はちなみに機械は何点やった?

たまき:機械は85点ですね。

先輩:お前のほうがすごいやんか。

たまき:いやいや。自分の場合は4年受けての85点ですから。先輩一年目で機械が…何点でしたっけ?

先輩:80点。それ以外の科目は全部60点台やったよ。まあ素直な問題ばっかりやったから運が良かった。

一発合格か、科目合格で攻めるか

先輩:お前は全科目で何点だったっけ?

たまき:ちょっと待ってください。…えっと、理論70、電力80、機械85、法規69点ですね。

先輩:お、俺よりだいぶ点数高い!すごいなあ。

たまき:いや、4年掛かってるんですごくないです。やっぱり、経過はどうであれ、1年とか2年で合格したほうが印象はすごく良いって感じますよ。周りから点数は見えませんから。4年掛かって4科目80点とかよりも、2年で全科目60点前後でギリギリ合格のほうが(印象は良い)。

先輩:まあ会社は点数は見れないからね。

たまき:でしょ?だから先輩の方が理想ですよ。

先輩:そうかあ。まあ2年で合格できたっていうのは良かったかな。俺は一発合格狙ってたけど、無理やったな。

たまき:自分はやっぱり一発合格目指すのが良いと思います。先輩の意見的にはどうですか?

先輩:俺もその方が良いと思う。確かに科目合格って勉強する範囲が小さくなってて楽に感じるけど、いうなれば最初から2科目不合格って決めてるようなものだし。

たまき:確かにそうですね。自分の場合は、会社とか周りの評価的に一発合格の威力っていうのをすごく感じてて。だから一発合格目指したほうが同じ合格なら良いでしょっていう。

先輩:俺は単純にあんまり勉強したくないからだな。

たまき:そりゃそうですね笑じゃ、あんまり長くなってもあれなんで。このへんで。ありがとうございました。

先輩:おう、ちゃんとおごってよ笑

たまき:了解です笑

意見交換まとめ

今回先輩と意見交換して感じたのは、やはり意識の高さですね。

学習に投資するのは当たり前という感覚は自分にはありませんでしたね。今でこそ、通信講座の良さが分かるので受講するべきとは思うんですが、最初の頃はどうしてもお金を損するという意識が強くて駄目でしたね。

それ以外のまとめとしては、

  • 電気を勉強したことがあっても油断せず電験3種の勉強に臨むべき
  • 通学よりは通信講座のほうが社会人にとっては良い
  • 基本的に4科目一発合格を目指すべきという意見は一致した

こういう意見が出されましたね。意外と通信講座を受けるにあたって、意識の違いや意見の違いはあったものの、「学習に投資する」という大切さという点で一致できたのではないかと思います。

意見交換の中で取り上げたSATの講座についてレビューはこちら